So-net無料ブログ作成
検索選択

イギリスのEU離脱、暴走していた移民問題 [本]



イギリスのEU離脱が決まり、アメリカもグローバル化に反対する共和党のトランプ氏が次期大統領候補の筆頭になった今・・・(´・ω・`)
世界経済の混乱が始まってますね。
(´・ω・`)

さて、日本にとってイギリスは遠い国なので、EUに残留すると思っている人々が大勢いたのですが、結果は離脱となりました。
理由は国民投票という経済的に中流以下の人々が当然、多勢を占めるわけですが、その方々には直面していのが、増え続ける移民の問題です。
(´・ω・`)

EUからの移民でイギリスは、年に24万の新築住宅必要ですが、年に17万件しか建てられておらず、住宅不足で持ち家も賃貸も高騰しています。
公営住宅は順番待ちで、ロンドン郊外の場合は給料半分以上家賃です。
住宅の需要激増で供給が追いついていません。
家を持っている方々にとっては、土地や建物の値段が上がり続けていますが、それを持たない人々にとっては生活は苦しくなるばかりです。
(´・ω・`)

「ゆりかごから墓場まで」と言われたイギリスの福祉政策で、移民も医療費も学校も社会福祉も無料です。
(*'▽')

しかし、移民が増えすぎて、病院や学校などの社会福祉施設がキャパシティーオーバーしており、市民生活を圧迫し続けています。
(´・ω・`)
これも、有料でも受ける事が出来る富裕層には関係ないのですが、一般市民の不満は高まっています。

日本でも移民を受け入れ、経済成長を持続させよう!
という政策がよく持ち上げられますが、あまりにも多い移民は、社会を圧迫あるいは崩壊に至るという事ですね。
(´・ω・`)

今後、イギリスの発展は減速するのか?
(´・ω・`)
と、言われると、私はそうは思いません。
ある意味、受け入れ可能な移民はイギリスは受け入れていくと思うので、経済成長は続くでしょう。
EUに残留することで、コントロールが不可能な状態では無くなるのです。

さて、拡大を続けていたEUに今、イギリスは一石を投じました。

そもそも、もうヨーロッパで戦争をしたくない!
(´・ω・`)
って、事から始まったのですが、移民という問題で分裂が始まるのでしょうか?

今後の流れに注目ですね。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ

EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書)

EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書)

  • 作者: 広岡 裕児
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本



EU崩壊 (新潮新書)

EU崩壊 (新潮新書)

  • 作者: 木村 正人
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/11/16
  • メディア: 単行本


















nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 16

コメント 1

ニューパソコンの通りすがりの空です

 確かに、キャメロン首相が、もっと庶民に優しい政治をやってたら、ここまでのことにはなってなかったかも?という気もしますね。

 イギリスのEU離脱について、書かせてください。
 私は、今回のイギリスの国民投票の結果を、非常に残念に思っております。そして同時に、イギリスの将来について、非情に危惧しております。
 なぜなら、私は、イギリスは中国共産党政府に狙われていると思っているからです。

 昨年の習近平主席のイギリス来訪時の、イギリスサイドの総力を挙げてのおもてなしを見て感じたのですが、すでに中国資本は、かなりイギリス経済に食い込んでいるのでは?(もしかすると、中国共産党政府主導のアジアインフラ投資銀行から、表には表れにくい形で、借金などあるのでは?などとも私は妄想しています。)
 それなのに、EUから離脱して、イギリスが中国共産党政府と一人で渡り合おうとしたら、経済面などで、中国共産党政府に、呑みこまれるようなことになったりしないでしょうか?
 そうなったら、香港の民主主義を弾圧しているとしか思えない中国共産党政府は、札束で横っ面を叩くような方法で、イギリスの言論の自由を奪おうとするのでは?あるいは、上記の私の妄想のように、もし、イギリス政府が借金などしていた場合、イギリスが望まない政策を、中国共産党政府から強要されるような恐れもあるのでは?とも思います。
 中国共産党政府の後ろには、プーチン大統領のロシア政府もいます。なので、とても危険と思います。
 もちろん、中国共産党政府は、ヨーロッパの他の国々にも、経済的に食い込んでいますが、そういった国々は、EUに加盟していることで、EUの法や取り決めによって、守られていると私は思っています。
 だから、イギリスが心配です。
 EUから離れて一人ぼっちになった時、イギリスはイギリスでいられるのだろうか?と、私は非常に心配なのです。

 もし、イギリスがEUを離脱して、経済面などで、中国共産党政府に呑み込まれるようなことになってしまった場合、女王陛下や王室の方々やイギリスだけでなく、EUや、世界にとって、不幸なことだと思います。(比較的最近、女王陛下が、習近平主席の来訪時の小さなトラブルについて、「好ましくないこと」という趣旨のコメントを出されていましたが、あれは、女王陛下も、中国共産党政府のイギリスにおける影響力の大きさについて、心配なさっていらっしゃるということ?と私は思ってしまいました。)
 決してそんなことにならないよう、中国共産党政府や、その息が掛かっている人間達には、お気をつけて。

 今日、スペインで選挙と聞きました。
 うろ覚えですいませんが、もしかしたら、スペインは、中国に国債をかなり買ってもらっているのでは?
 だとすると、イギリスと似た状況では?と心配です。
 もうすぐ投票時間が終わるとのことなので、今頃書いててすいませんが、投票結果が、スペインの人達にとって、良い結果になるよう、祈り願っております。
 僭越ですいませんが、私は、上記のような理由で、これまで通りのEUとの関係が維持された方が、スペインの人達のために良いのでは?と思っています。
 札束でマスコミなどの横っ面を叩く者達によって、民主主義は、容易に形骸化します。日本もそうでした。
 なので、大事な民主主義を失わないように、どうぞお気をつけて。

 ところで、上記のようなことを、私がコメントに書いたら、習近平主席が怒って、御自慢の天候操作の技術を使って、九州の被災地や、日本の天候を、悪天候にしたりするでしょうか?
 妄想が過ぎるのは分かっていますが、この頃ストレス溜まっているのか?ついそんな妄想をしたくなってしまいます。(南沙諸島に関して、わがままな自説にこだわっている中国は、最近、また尖閣諸島にもちょっかいを掛けています。それにしても、ロシアもそうですが、外に気を取られ過ぎていると、思わぬ所から、足下をすくわれることもあると思うので、足下をすくわれないようにするためにも、中国共産党政府は、余計なことは止めるべきと思います。)


 他にも気になることはあり過ぎますが、今すぐ書けず、申し訳ない思いです。

 例えば、日本のお天気ですが、気になってはいるものの、全然チェックできてません。
 警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。
 ど素人の私なので、日本のお天気に関して、警戒すべきことや注意すべきこと、警戒すべき地域や注意すべき地域があっても、チェック漏れしているだろうと思います。(今日は特に。)もし、やはり、チェック漏れがありましたら、どうぞお許しください。

 それから、アメリカ合衆国や中国など、世界の災害被害、非常に痛ましくてなりません。
 亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
 行方不明の方々がいらっしゃいましたら、一刻も早い発見と御無事の救助を、心から願い祈ります。(時間が経ってしまった場合でも、奇蹟的なことが起こる場合もあり、私は奇蹟を願ってしまいます。)
 捜索・救助・救援活動をなさる方々は、天候などにより2次災害の恐れがある場合、くれぐれも2次災害には気を付けて、無理しすぎないように、頑張っていただければ、と願い祈っております。
 捜索・救助・救援活動をなさる方々のご無事も祈ります。
 人々の御無事を、心から願い祈っております。(ところで、中国では、救援活動などが不十分?遅れている?うろ覚えですが、そういう話がニュースであったように思います。やはりそうなら、中国共産党政府は、本当に外のことばかりに気を取られず、足元のことをしっかりやった方が良いと思います。)

 他にも気になることはあり過ぎます。
 世界の平和を祈ります。
by ニューパソコンの通りすがりの空です (2016-06-27 03:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: