So-net無料ブログ作成
検索選択

パソコンのCPUもARM系に? 初めてマイコンを作ったインテル社の失墜 [時事]



MicroSoftがとうとうARM系に鞍替えする?
(o・ω・o)

「Microsoftが「ARMサーバー」を採用、Windows Serverも移植」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/030900757/?rt=nocnt

進歩が止まったインテル製のCPUは、とうとうARM社がアーキテクチャを決めて、各社が実装を競うARM系のCPUにサーバー分野でも、勝負になるようになったようです。
(o・ω・o)

パソコンのCPUのほとんどがインテル製といっていいのですが、世界初のマイクロプロセッサーである4004を発表したメーカーでもあります。

CPUメーカーで有名な「インテル」のWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB

8ビットマイコンの時代から、多数のライバルと戦い続け、そのつど勝ってシェアを奪っていったメーカーですが、シリコンチップの物理的限界による動作周波数の向上に陰りが見え始めた頃から、売上が落ちてきました。
(´・ω・`)

アーキテクチャとしては、色々と問題点を指摘されているx86系ですが、それをシリコンチップの技術革新によって、戦ってきたのですが、そこに物理現象が立ちはだかってしまいました。
(´・ω・`)

x86系は16ビット時代から64ビットの現代でも、互換性を保っていることが一番のウリですが、その部分が足を引っ張っていることは、みんなが指摘するところです。
しかし、アーキテクチャでは人気のあるライバルを実装した状態での動作速度で勝っていたのです。
(´・ω・`)

それが、最近はARM系の機能が上がり、Apple社が実装しているAシリーズに至っては、電力消費量比の処理速度で勝り、iPad Pro系のタブレットとMacBook Airとの比較だと、iPadの方が性能が高いというベンチマークが出ています。

「【34機種比較】MacBook Air・Pro・2015/iPad Pro・Air 2/SurfaceシリーズのCPU・グラフィック・バッテリーなど各性能スコア比較」
http://socius101.com/comparison-dfor-macbook-ipad-suraface-16-post-9029-2/

そもそも、ジョブスがMacをインテルのCPUに変えた時に言ったことは・・・(´・ω・`)
「今後、10年ぐらいはインテルの方が良いんじゃない」
その発言から10年経過しているのです。
(´・ω・`)

なので、最初、MacがARM系になるのでは?
と、思っていたら、Windows系もほぼ同時期かもしれないという状態になってきました。

私など、子供の頃から、Z80というインテルの8080の互換CPUでプログラムを覚えていたし、仕事もインテル系が多かったので、歴史が変わるなぁ・・・(´・ω・`)
って、気持ちもありますが・・・(´・ω・`)
今まで、パソコンの値段が落ちなかったのは、インテルのCPUの値段を下げないからだったので、AMD社も魅力的な製品を出した今、今後は熾烈な価格競争が行われることは期待ですね。
(o・ω・o)








小説(読書感想) ブログランキングへ




Intel CPU Core i7-6700K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700K

Intel CPU Core i7-6700K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700K

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: Personal Computers



Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

Intel CPU Core i5-7500 3.4GHz 6Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80677I57500 【BOX】

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: Personal Computers












nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: