So-net無料ブログ作成
検索選択

テロの準備が日本で行われている?「テロ等準備罪(共謀罪)」が採決へ [時事]



2004年から国会で審議を重ねてきた「テロ等準備罪(共謀罪)」がようやく採決しました。
(o・ω・o)
ようやく、国際組織犯罪防止条約(TOC条約)に日本も締結できるでしょう。
ちなみに、この条約は187カ国・地域が締結しています。
(´・ω・`)
日本は先進7カ国(G7)の一員として、国連安全保障理事会の非常任理事国なので、国際社会でテロ対策をリードすべき立場にあるのですが、このテロ対策について国際社会は日本に対して冷たかったのですが、ようやく国内の体制が整うこととなるでしょうね。
(´・ω・`)

さて、どうして日本に対して冷たかったのかっていうと、「テロリスト」が日本に潜伏していた証拠が出ているからです・・・(´・ω・`)
潜伏している状態をスリーパー・エージェント というのですが、スパイ天国と言われてましたが、現在はテロ天国と呼ばれております。
(´・ω・`)

北朝鮮のスリーパー・エージェントは多数日本に潜伏していると言われますし、イスラム過激派も日本で潜伏してから、他国へという行動をしております。
(´・ω・`)

たとえば、日本人が被害にあったこの事件ですが・・・(´・ω・`)
「ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

犯人の一人は以前に日本に在住しており、大学の准教授をしていました。
(´・ω・`)

イスラム過激思想を持っているスリーパー・エージェントが、日本にもいるという証拠の一つです。
(´・ω・`)

特にテロリストにとっては、日本への国際的な信頼の高さを利用して、テロの実行する国に渡航していることが懸念されております。
(´・ω・`)

今後、日本国内で他国でのテロの準備をしていると罪に問えますので、抑止力ともなりますし、数件のテロ等準備罪により立件される事件が発生するかも知れませんね。
(´・ω・`)

もちろん、他の組織的犯罪、農作物の盗難したモノの販売や、映画などの海賊版の販売、そして日本での売春を含めた人身売買を目的とした組織等々・・・(´・ω・`)
今までお目こぼしがあった犯罪が次々と検挙されていくと思います。
(o・ω・o)







小説(読書感想) ブログランキングへ
















nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: