So-net無料ブログ作成

中国とロシアはどうなる? トランプ大統領「北朝鮮とビジネスする国との貿易停止検討」 [時事]



アメリカのトランプ大統領は、6回目の核実験を強行した北朝鮮を強く非難し、「アメリカは北朝鮮とビジネスをするあらゆる国とのすべての貿易を停止することを検討している」として、北朝鮮を経済的に孤立させるための取り組みを強化する考えを示しました。
(o・ω・o)

北朝鮮を支援しているロシアと中国に対する制裁という意味でしょうね。
(´・ω・`)

さて、歴史的にみて、アメリカの貿易停止や穀物輸出制限などの制裁を下すことがありましたが、これから実施するとなると、ロシア・中国経済に大打撃となること間違いがありません。

かって、冷戦時代にアメリカはソ連に対して5回の穀物輸出制限をして、アメリカからの穀物の輸入に頼っていたソ連に対して、絶大な政治的な影響を与えました。
その国の食料を握られているというのは、生死を握られていると言っても過言では無いのです。
よく、日本が食料自給率を向上を訴えてますが、もしアメリカから穀物輸出制限を食らった場合、日本は餓死者が出ることは間違いなく、農林水産省の試算でゴルフ場なども含めて考えられる限りの地域を耕作地に変えたとしても、賄えるものでは無いのです。
(´・ω・`)

アメリカは冷戦時代にソ連の食を握ることによって、戦争を回避していました。
それは、当然、現在のロシアでもそうです。
それが今回、中国とロシアが対象の貿易停止でしょうから、中国とロシアの経済に与える打撃の巨大さは・・・(´・ω・`)

朝鮮戦争が休戦状態なのは、冷戦時代の膿をそのまま放置してしまった事によるものです。
解決策が一筋縄ではいかないとは思いますが、ソフトランディングはできないものでしょうかね。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ













nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント