So-net無料ブログ作成

核ICBMを保有すれば、大国になるのか? [時事]



北朝鮮の6度目の核実験を受け、米国は6日、北朝鮮への制裁を大幅に強化する最新決議案を国連安全保障理事会の理事国に配布しました。
金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長らの資産凍結のほか、北朝鮮への石油禁輸、北朝鮮製の繊維製品の禁輸など、かつてなく強力な制裁措置が盛り込まれています。
(´・ω・`)

さて、核ICBMを保有して、米国を恫喝していき、北朝鮮は目標である朝鮮半島の統一を果たすのか・・・(´・ω・`)
と、いうのを黙認するわけにも行かない各国は、それぞれの思惑に従って行動するでしょうね。
(´・ω・`)

ただ、もし北朝鮮の主張が通れば、今後予想される事態は、発展途上国同士で核ICBMの開発競争が始まります。
核ICBMさえ持てば、国際的な地位が上がり、主張が通るのです。
それを防ぐ側の米国などの覇権国家は、北朝鮮のような失敗を犯さないということで、核兵器開発を始めた国家に対して、制裁や軍事介入を行うことになるでしょう。
(´・ω・`)

何故、ここまで北朝鮮のような小国に世界中の注目が集まるかというと、これが歴史の転換点となりうる事態だからなのです。
核ICBMさえもってしまえば、安心だというのなら、ソ連は崩壊していません。
(´・ω・`)

むしろ、世界中の敵意を集めてしまい大変な目に合うという教訓をまた繰り返し歴史に刻み込むことで、国際協調して周辺国と平和な関係を保ち、国内を安定させて、経済を発展させる政治をすることで国家が保てるのだという21世紀にしたいものですね。
(o・ω・o)

政治体制については、色々な考えがあるんでしょうが、核ICBM保有による一点突破を狙うような考えを他の国々も考えるようになると、今後予想されるのは核戦争の勃発ですからね。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ













nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント