So-net無料ブログ作成

日朝首脳会談で何を要求される? [時事]



電撃訪中が報じられた金正恩ですが、朝鮮労働党幹部らに「6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうる」との説明を始めたとのことです。
韓米中日ロの順番で5カ国に対する外交方針を個別に説明したそうです。
北朝鮮としては、国際情勢をコントロールしたいと思っているのでしょうね。
(´・ω・`)

南北首脳会談は穏便に済むと思います。
韓国のムン・ジェイン大統領とは大枠で非核化を前提に制裁解除となると思います。
問題は次の米国のトランプ大統領です。
米国が戦争を始まると大統領支持率が上がることは周知の事実で、近年でも色々と批判のあった共和党ジョージ・W・ブッシュ元大統領も再選を果たして2期8年を務めました。
ロシア疑惑などに揺れるトランプ大統領にとって、これは魅力的なことなのです。
それに中国との貿易戦争を初めた米国にとって朝鮮半島情勢が混乱することは有利になると思っているでしょう。
米国は北朝鮮に対して、軍事行動を正当化する対応をすると思います。
(´・ω・`)

朝鮮半島情勢の混乱を望まない中国はその米国をけん制しますが、そもそも貿易戦争を行っている最中ですので、米国に対して有効な対策がとれるとも思えません。
(´・ω・`)

この情勢ですので、日朝首脳会談は米国と中国しだいとなるので、日本への要求は現状では予想もつきません。
実際、米国の思惑通り、短期間の空爆とミサイル攻撃により米国への核攻撃能力だけを奪った状態で、韓国軍と中国軍に後始末は丸投げして、米国は貿易戦争を有利にことを運ぶという日本にとっては悪夢の状態となることもありえるのです。
戦争だけは回避されるように祈りたいのですが、トランプ大統領は側近を強硬派で固め、ゲームやビジネスのようにこの状況を利用するでしょう。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ

炎と怒り――トランプ政権の内幕

炎と怒り――トランプ政権の内幕

  • 作者: マイケル ウォルフ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



トランプ大統領とアメリカ議会

トランプ大統領とアメリカ議会

  • 作者: 中林 美恵子
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2017/06/29
  • メディア: 単行本



世界を動かす【国際秘密力】の研究 トランプ大統領のパフォーマンスは《隠された支配構造》をえぐり出す

世界を動かす【国際秘密力】の研究 トランプ大統領のパフォーマンスは《隠された支配構造》をえぐり出す

  • 作者: ベンジャミン・フルフォード
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: 単行本



炎と怒り トランプ政権の内幕 (早川書房)

炎と怒り トランプ政権の内幕 (早川書房)

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/02/25
  • メディア: Kindle版



トランプ大統領とアメリカの真実

トランプ大統領とアメリカの真実

  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2016/07/10
  • メディア: Kindle版



nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント