So-net無料ブログ作成

ロシアのサイバー攻撃にアメリカ・オバマ政権は報復措置 [時事]



アメリカでことし6月、民主党のコンピューターがサイバー攻撃を受けて党幹部のメールが流出したもので、アメリカ政府は10月、大統領選挙に影響を及ぼそうとしたロシア政府の仕業だと発表しました。
(´・ω・`)
「“サイバー攻撃” 米オバマ政権 ロシアへの報復措置 発表」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161230/k10010824551000.html

内部告発サイト「ウィキリークス」に7月に民主党全国委員会幹部らのメールを暴露され、党の指名争いでクリントン前国務長官を勝たせるため、対抗馬のサンダース上院議員の勢いをいかにそぐか話し合っていたことを示す内容で、クリントン氏に対するリベラル層の反発をあおる結果になった。当時の党全国委員長は、この問題で引責辞任に追い込まれました。
(´・ω・`)
そして、同サイトは大統領選が迫った10月から、クリントン陣営の選対本部長のメール数万通も公表され、環太平洋連携協定(TPP)反対の公約と矛盾しかねないクリントン氏の発言などが次々と明るみに出て、選挙戦への打撃となったようです。
(´・ω・`)

その報復として、ロシアの情報機関とその幹部などに対して制裁を科すとともに、アメリカに駐在しているロシア政府の当局者35人に国外退去を命じました。

サイバー攻撃に対しての表立った報復措置はアメリカとして初の事例となります。
(´・ω・`)

FBIは重要容疑者の情報を公開する「Wanted」のページの「Cyber’s Most Wanted」は以下のページです。
https://www.fbi.gov/wanted/cyber


オバマ大統領が中国の習近平主席が訪米したときに、サイバー攻撃の証拠を握られ、訪米成果ゼロが報じられましたけど、これは表立ってとは言い難いですね。
「【スクープ最前線】習氏訪米“成果ゼロ” 「サイバー攻撃の証拠」米に握られ“崖っぷち” (1/3ページ)」
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150929/frn1509291140001-n1.htm

米中露のサイバー戦争は激化の一途で、アメリカは大統領選挙に影響があったと、現民主党政権は激怒し、次の共和党政権はその報復措置を緩和するのでしょうか?
(´・ω・`)

日本も色々なサイバー攻撃にされされておりますが、日本もサイバー戦争にもう巻き込まれているのです。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ

サイバー戦争論: ナショナルセキュリティの現在

サイバー戦争論: ナショナルセキュリティの現在

  • 作者: 伊東 寛
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2016/08/12
  • メディア: 単行本



サイバー戦争の犬たち (祥伝社文庫)

サイバー戦争の犬たち (祥伝社文庫)

  • 作者: 一田 和樹
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 文庫



ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する

ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する

  • 作者: 山田 敏弘
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本



サイバー世界大戦~すべてのコンピューターは攻撃兵器である

サイバー世界大戦~すべてのコンピューターは攻撃兵器である

  • 作者: ポール・ローゼンツヴァイク
  • 出版社/メーカー: サイゾー
  • 発売日: 2016/02/08
  • メディア: 単行本



Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 12/13 号 [未来の戦争]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 12/13 号 [未来の戦争]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: 雑誌






nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

サイバーセキュリティ入門 この分野の知識が必要な理由 [時事]



さて、長期休暇っすね・・・(´・ω・`)
新人の技術者はベテランから、休みの間に読んどけ!
(^O^)/
って、感じで色んな技術本を勧められていると思います。
( ;∀;)

さて、というわけで、オジサンからは最近はサイバーセキュリティについて、色々と言われてると思うので、そちらを勉強しましょう。
(^_^)
とか、言ってみます。

「【更新中】「PHPMailer」に重大な脆弱性……ってこれ、WordPressやDrupalでも使われてるじゃねーか!」
http://qiita.com/koh-taka@github/items/d4bc016970732858b1ee

この年末に、WordPress、Drupal、1CRM、SugarCRM、Yii、Joomla!など、多くのオープンソースプロジェクトに使われているPHPからのメール送信ライブラリ「PHPMailer」に脆弱性が発見されました。

さて、サイバーセキュリティでは脆弱性と言われてますが、これはプログラマーにとってわかりやすく言うと「悪用できるバグ」です。
(^_^)

今回の記事の場合は「リモートでコードが実行される」という脆弱性(バグ)がありました。
( ;∀;)
「リモートでコードが実行される」場合に何が起こるかの説明。
https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/pc-security/e_bulletins/e_rce.aspx

この脆弱性のために世界中のサーバーがこの年末にパッチを当てるためのサーバーメンテナンスが起こることでしょう。
(´・ω・`)

今回のようにオープンソースのプロジェクトには脆弱性(バグ)が頻繁に報告され、開発者・保守管理者はパッチを当て続けないといけません。
(^_^)
WindowsやMacでも毎月のようにパッチを当てているでしょう?
個人のPCでもそれぐらいの頻度でパッチがあたっているのです。
(´・ω・`)

もし怠ると、クライアントのサーバーがトップページが以下のように書き換えられてしまったり・・・(´・ω・`)

ブログ_20161229_1.jpg

とか、最近あった被害事例ですが、Webサーバーの脆弱性を狙ったクラック行為が続いているのです。
(´・ω・`)

新人の技術者としては、インターネットで公開するサーバーで使う開発環境は常に最新のバージョンであることを心がけることと、保守期間は脆弱性の報告が上がったらすぐにパッチを当てる(テストはどうするんだ!って、いう意見もあるけど、クラックされた場合の信用の喪失は計り知れないと思います)
(´・ω・`)

特に日本はイルカ漁などのエコテロリズム、そして新たにロシアとの関係改善により、中東の反ロシア勢力などなどサイバー攻撃の標的になりやすくなっています。
(´・ω・`)

技術者として、心がけておかないといけないと思いますよ。
(^_^)







小説(読書感想) ブログランキングへ

あなたのセキュリティ対応間違っています

あなたのセキュリティ対応間違っています

  • 作者: 辻 伸弘
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本



超初心者のためのサイバーセキュリティ入門 (文春新書)

超初心者のためのサイバーセキュリティ入門 (文春新書)

  • 作者: 齋藤 ウィリアム浩幸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/10/20
  • メディア: 新書



サイバーセキュリティテスト完全ガイド ~Kali Linuxによるペネトレーションテスト~

サイバーセキュリティテスト完全ガイド ~Kali Linuxによるペネトレーションテスト~

  • 作者: Peter Kim
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2016/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



CSIRT:構築から運用まで

CSIRT:構築から運用まで

  • 作者: 日本シーサート協議会
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



サイバー戦争論: ナショナルセキュリティの現在

サイバー戦争論: ナショナルセキュリティの現在

  • 作者: 伊東 寛
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2016/08/12
  • メディア: 単行本



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

戦わずして勝つ! 中国が日本で行っている謀略戦の証拠がでたか? [時事]



古代中国の兵法家・孫子の名言の中に「戦わずして勝つ」とあります。
(^_^)
ナポレオンが孫子の兵法を読んで、もっと若い頃に読みたかったと言ったともあり、勝てる戦争しかしてはならず、しかも戦争してしまうことは上策ではないのです。

さて、公安調査庁から、今年の「内外情勢の回顧と展望」を公表されました。
(´・ω・`)
「中国に有利な世論を沖縄でつくることによって日本国内の分断を図る狙いが潜んでいると見られる」と注意を喚起しています。
「サイバー攻撃手法が多様化 警戒強化を 公安調査庁」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161222/k10010815761000.html

中国が太平洋に対して、どういう戦略目標は広く知られております。
「第一列島線」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A

Geographic_Boundaries_of_the_First_and_Second_Island_Chains.png

左の赤い線が「第一列島線」で右の赤い線が「第二列島線」です。
中国が尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を自国の領海だと主張しているのは、この「第一列島線」を達成しようとしているからです。
(´・ω・`)

そして今回、中国の機動艦隊が第一列島線を通過しました。
「中国空母「遼寧」艦隊、西太平洋へ 第1列島線通過…トランプ氏牽制か (1/2ページ)」
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161225/frn1612251125003-n1.htm

中国としては、第一列島線内の制海権を確保して、今後は第二列島線の確保へと動いております。

そのために、沖縄からアメリカ軍を追い出して、中国軍が駐留することを目指して活動しているだろうことは知っていても、その証拠は?
日本には言論の自由もあり、親中国の思想を弾圧することはできません。
(´・ω・`)

しかし、明らかに工作されている証拠があれば・・・(´・ω・`)
もちろん、日本の法律に違反しているであろう証拠も揃って・・・(´・ω・`)
と、なると話は違ってくるのです。
(´・ω・`)

日本はこの謀略戦に弱く、国際社会に翻弄され孤立化し、戦争へと巻き込まれた歴史があり、この謀略戦の被害も多くなってきました。
(´・ω・`)
どうも、野党へも、工作があるようですしね・・・(´・ω・`)

古来より「進士は月日をも動かす」との言葉もあり、そもそも中国は謀略戦については伝統的に強いのです。
それに、広大な領土に経済力を取り戻した中国は、それこそ今後は世界の中心となると思っても良いと思います。
そして、その隣国はいつも中国の影響下にありました。
今一度、中国の恐ろしさを認識したほうが良いと思います。
(´・ω・`)

もっとも、アメリカはアメリカで対中相手に謀略を繰り広げているので、日本が翻弄されているようですが、今一度、問わなければならないようです。
(´・ω・`)

ただ、沖縄が独立国ではなくなったのは、1871年、明治政府は廃藩置県によって琉球王国の領土を鹿児島県の管轄にした琉球処分と言われる事件からですので、独立を主張する意見がまだ根強く残っているのもわからないわけではないのです。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ

中国嫁日記 (六)

中国嫁日記 (六)

  • 作者: 井上 純一
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/28
  • メディア: 単行本



赤い帝国・中国が滅びる日

赤い帝国・中国が滅びる日

  • 作者: 福島香織
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: 単行本



中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))

中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))

  • 作者: エドワード ルトワック
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 新書



「トランプ大統領」から始まる中国大乱

「トランプ大統領」から始まる中国大乱

  • 作者: 黄 文雄
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本



中国の論理 - 歴史から解き明かす (中公新書)

中国の論理 - 歴史から解き明かす (中公新書)

  • 作者: 岡本 隆司
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/08/18
  • メディア: 新書



<軍>の中国史 (講談社現代新書)

<軍>の中国史 (講談社現代新書)

  • 作者: 澁谷 由里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/18
  • メディア: 新書



超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール (知的生きかた文庫)

超訳 孫子の兵法 「最後に勝つ人」の絶対ルール (知的生きかた文庫)

  • 作者: 田口 佳史
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2013/12/24
  • メディア: 文庫






nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

年末年始前に頑張ろうダイエット! 糖質制限「ロカボ食」 [ダイエット]



忘年会から、クリスマス会やら・・・地元にいると、とかく食べることになると思います。
友達も昔は似たような体型だったのに、もはや体重で20キロ以上も差があるのかぁ・・・(´・ω・`)
と、まだ体型を維持している人もそれぞれですね。

特に移動が自動車ばっかりで、デスクワークが主な人に太った人が多いです。
私もIT系というデスクワークなので、いつも体重計で一喜一憂しております。
(´・ω・`)

さて、そういう訳でダイエットに励んでおりのですよ。

おススメはロカボ食のダイエットで、「1回の食事で取る糖質を20~40グラムにします。主食を管理すれば空揚げ、チキンサラダ、焼き鳥、おでん、卵焼き、チーズ、ナッツ類など好きなものを食べていい。蒸留酒の焼酎、ウイスキーは糖質ゼロなので飲んでもOKなのです。」
(*'▽')
と、いう訳で、軽い糖質制限なのですが、糖質を絶対に取らないというのは、どんなに工夫しても難しいので、ゆるい糖質制限ダイエットです。
(´・ω・`)

それに最近は、科学の力でパンもケーキもお米も糖質オフになってますし、もう何でもありですね・・・(´・ω・`)
もちろん、私の第3のビールは糖質オフです。

今のところ、私の体重は77kg台です。
身長が176cmなので、このままダイエットが続けば、もう一息で、標準体重!
(*'▽')
と、言えるのです。

まあ、糖質オフの食品ばかりを食べた結果でもあるわけですがね・・・(´・ω・`)

あんまり無理のあるダイエットは厳しいですが、世の中、そういう意志の弱い人相手のダイエット補助食品があるのです。
(´・ω・`)

と、いう訳でダイエット、そして年始を明けたら太った部分のダイエットというわけで、頑張ろうと思います。
(*'▽')









健康ダイエット ブログランキングへ
























nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

安倍首相が真珠湾で戦没者慰霊へ あの時代に戦艦を失う衝撃 [時事]



真珠湾攻撃から70年、安倍首相が戦没者の慰霊に真珠湾を訪れております。

「安倍首相、真珠湾で戦没者の慰霊へ アメリカ・ハワイに到着」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161227-00000623-fnn-pol

この真珠湾攻撃とマレー沖海戦により、それまで国力の象徴であった戦艦が主戦力たり得ないという大艦巨砲主義が否定されてました。
(´・ω・`)

しかし、それまで戦艦は国の軍事力の象徴でした。

真珠湾のアリゾナ・メモリアルは真珠湾攻撃で撃沈された超弩級戦艦「アリゾナ」の残骸の上に国旗を掲揚したことから始まります。
現在も船体から油が漏れだし水面に浮かんでいて、一日あたり1クォートの油が漏れ続けております。
乗組員達は最後の生存者が死ぬまで油は漏れ続けるだろうと語っていて、生存者の多くは、自らの死後火葬の上、遺灰を「アリゾナ」に撒いてもらうよう望んでいます。
(´・ω・`)

その当時、日本でも子供でも「長門」「陸奥」は国の誇りとして、海軍でも戦艦に配属されるということは特別な意味がありました。
(´・ω・`)

マレー沖海戦で沈んだイギリス海軍の戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」も報告を聞いたイギリスのチャーチル首相は絶句し「戦争全体でその報告以上に私に直接的な衝撃を与えたことはなかった」と著書の第二次世界大戦回顧録で語っております。
(´・ω・`)

かくの如く、戦艦が沈められるというのは、あの時期は衝撃的なことなのです。
(´・ω・`)

日本はその後、連合艦隊がほぼ全滅して、各都市は戦略爆撃を受けて、しかも核攻撃までされたので、そこらあたりの感覚が麻痺しておりますが、他国の人にとっては、忘れがたい記憶となっているのです。
(´・ω・`)

真珠湾でオバマ大統領と安倍首相の歴史的な会談が行われてますが、今後の日米関係も友好国であり同盟国として続けていきたいものですね。
(^O^)







小説(読書感想) ブログランキングへ



















nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

満州国建国と抗日戦線「天子蒙塵 第二巻」 [小説]



浅田次郎先生の天子蒙塵も二巻目です。
( `ー´)ノ


天子蒙塵 第二巻

天子蒙塵 第二巻

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: 単行本



溥儀の孤独と抗日戦線を貫いた馬賊・馬占山から物語は始まります。
(*'▽')
時代の背景は満州事変で関東軍は日本の三倍の領土となる東北三省こと満州を占領。

関東軍の満洲領有計画は陸軍首脳部の反対で独立国家案へと変更され、参謀本部は石原莞爾らは、溥儀を首班とする親日国家を樹立すべきと主張し、国防を日本が担い、鉄道・通信の管理条件を日本に委ねることを条件に満蒙を独立国家としようとします。
(´・ω・`)

本来は関東軍は中華民国からの租借地であった関東州(遼東半島先端)の守備、および南満州鉄道附属地警備を目的とした関東都督府の守備隊です。
これが独断で満州事変を起こし、満州を占領して満州国を建国したのですから、軍閥と変わらないと非難されるなか、陸軍首脳部はこの事態の鎮圧に、武藤信義大将を関東軍司令と満州国駐在特命全権大使と関東長官を兼務という権力を与えられました。
これは個人が満州における軍事・行政・外交を掌握することを意味して、「これほど権力を掴んだ者は明治維新以来いない」と評されたといいます。
(´・ω・`)

この時代背景のなか、抗日英雄として馬占山は徹底抗戦をします。
(*'▽')
「中原の虹」の張作霖以下の馬賊たちそのままに、馬占山の男の生きざまを描く筆はノリにノッております。
(*'▽')

「蒼穹の昴」から読んできた人には、李春雷・李春雲・梁文秀たちのこの時代のことも描かれていますので、ぜひに楽しみにしてください。
(*'▽')

今後も波乱の一途をたどると思いますが、次章も楽しみですね!
(*'▽')








小説(読書感想) ブログランキングへ

天子蒙塵 第二巻 蒼穹の昴

天子蒙塵 第二巻 蒼穹の昴

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: Kindle版



天子蒙塵 第一巻

天子蒙塵 第一巻

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: 単行本



『蒼穹の昴』シリーズ20周年! 特別ガイドブック

『蒼穹の昴』シリーズ20周年! 特別ガイドブック

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: Kindle版



マンチュリアン・リポート (講談社文庫)

マンチュリアン・リポート (講談社文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: 文庫



マンチュリアン・リポート (講談社文庫)

マンチュリアン・リポート (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/12
  • メディア: Kindle版



マンチュリアン・リポート (100周年書き下ろし)

マンチュリアン・リポート (100周年書き下ろし)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/09/17
  • メディア: 単行本



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

倉敷市の由加山に行って来ました! [岡山]



強風の天気が続いていましたが、穏やかな天気になったので、今年の最後のお参りは由加山に行って来ました!
こちらは玉野市や倉敷市の方々が初詣にお参りになる方が多い由加山蓮台寺と由加神社本宮です。
参拝客は由加山と称しております。
由加山のある児島半島はかつて吉備児島という島で本州とは陸続きではなかったのですが、江戸時代に干拓により陸続きとなりました。
(*'▽')

ブログ_20161224_1.jpg

まずは、駐車場から見える佐渡稲荷大明神の方からお参りしました。
(*'▽')

ブログ_20161224_2.jpg

細い山道を登ると社があります。
(*'▽')

ブログ_20161224_3.jpg

それからご本尊がまつられる総本殿へ

ブログ_20161224_4.jpg

由加神社本宮へ

ブログ_20161224_5.jpg

そして、蓮台寺奥の院へ

ブログ_20161224_6.jpg

と、岡山で有数の広大な神社仏閣です。
(*'▽')

かつてはこの由加山と讃岐国の金刀比羅宮の両方に参拝する「両参り」という風習がありました。
まず由加山にお参りして厄除けをしてから、金刀比羅宮へお参りしたそうです。
(*'▽')

さて、今年も一年、いろいろとありました。
(*'▽')
来年は飛躍の年にしたいです!








岡山県 ブログランキングへ

倉敷由加温泉 ホテル山桃花

倉敷由加温泉 ホテル山桃花

  • 場所: 岡山県倉敷市児島由加3285番地
  • 特色: ゆるやかな時間が流れる大人の隠れ宿。瀬戸内の幸と四季折々の花が咲く天然温泉をお楽しみください。



倉敷シーサイドホテル

倉敷シーサイドホテル

  • 場所: 岡山県倉敷市児島塩生2767-21
  • 特色: 瀬戸内海を眺望、水島C地区に隣接















nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

急に太った場合は、実はすぐに痩せれます! 太ったと思ったら、すぐにダイエット! [ダイエット]



さて、年末年始、いろいろと飲み食いのお誘いが多くて・・・(´・ω・`)
体重計の数値はゲッって、数値になってしまうとおもいます。
(´・ω・`)
かといって、目の前にご馳走を並べられて、食べないわけにはいかないっすよね。
(*'▽')

しかし、急に太った場合はまだ内臓脂肪がついただけのことが多いのです。
(*'▽')
太るという過程は、まず使い切れない栄養を内蔵に蓄えます。
脂肪肝とか有名ですね。
(´・ω・`)
まずは内臓に脂肪が溜まり、それから皮下脂肪が増えていくのですが・・・(´・ω・`)

急激に太った場合は、内臓に脂肪がついて、塩分過多により浮腫んでいる状態です。
(*'▽')

さすがにクリスマスの次の日もご馳走というわけではないので、さっそく糖質を制限して有酸素運動をしましょう!

〇いつもより水分を多めにとること。
暴飲暴食した次の日の起きた直後は血液やリンパがドロドロです。
朝起きてすぐ水分補給(白湯などがおすすめです)、水分が多いと代謝が上がりやすく1日中の代謝を高く保てます。

〇炭水化物を控える
炭水化物を控えた分だけ、内臓脂肪はすぐに消費されていきます。
(*'▽')

〇深呼吸&背伸びなどのストレッチで痩せやすくなる
深呼吸は横隔膜と腹筋を使うので案外インナーマッスルを鍛えるという意味ではとても効果があります。
血流がよくなり代謝が向上。自然と痩せやすい体質になります。

〇多めに歩く(有酸素運動)
有酸素運動をすれば、浮腫んだ身体から水分は出ていくし、脂肪の燃焼も早いです。


この季節はとかく太りやすい行事が多いです・・・(´・ω・`)
早めに手をうてば、年始年末に太った数キロをそのまま維持ってことはないのです!
(*'▽')










健康ダイエット ブログランキングへ



















nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

中国の沖縄への工作の証拠が揃ったか [時事]



公安調査庁から、今年の「内外情勢の回顧と展望」を公表されました。
(´・ω・`)
「中国に有利な世論を沖縄でつくることによって日本国内の分断を図る狙いが潜んでいると見られる」と注意を喚起しています。
「サイバー攻撃手法が多様化 警戒強化を 公安調査庁」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161222/k10010815761000.html

中華人民共和国の軍事戦略上の概念に「第一列島線」及び、「第二列島線」があります。
「第一列島線」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A

Geographic_Boundaries_of_the_First_and_Second_Island_Chains.png

左の赤い線が「第一列島線」で右の赤い線が「第二列島線」です。
中国が尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を自国の領海だと主張しているのは、この「第一列島線」を達成しようとしているからです。
(´・ω・`)

さて、次に中国が目指しているのが、「第二列島線」です。
フィリピンと日本を中国の同盟国としていることがわかりますが・・・(´・ω・`)

もちろん、台湾・沖縄も中国の支配域に入れようということがわかります。

中国の海洋戦略は以下の目標で進んでいます。
「再建期」 1982-2000年 中国沿岸海域の完全な防備態勢を整備 ほぼ達成済み
「躍進前期」 2000-2010年 第一列島線内部(近海)の制海権確保。
「躍進後期」 2010-2020年 第二列島線内部の制海権確保。航空母艦建造
「完成期」 2020-2040年 アメリカ海軍による太平洋、インド洋の独占的支配を阻止
2040年 アメリカ海軍と対等な海軍建設

現在は「躍進後期」ですが、台湾・沖縄・フィリピンからアメリカ軍を追い出して、人民解放軍が進出することを目指して、中国は工作しているわけです。
(´・ω・`)

沖縄の現在の状況はアメリカ軍を追い出して、中国軍が駐留することを目指して活動していることは知っていても、それの証拠は?
(´・ω・`)
日本には言論の自由もあり、親中国の思想を弾圧することはできません。

しかし、明らかに工作されている証拠があれば・・・(´・ω・`)
もちろん、日本の法律に違反しているであろう証拠も揃って・・・(´・ω・`)

と、なると話は違ってくるのです。
(´・ω・`)

実際、このニュースが日本の地方自治についての考えさせられる記事でしたが・・・(´・ω・`)
「政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 移設阻止へ抵抗を想定」
http://www.sankei.com/politics/news/161221/plt1612210016-n1.html

翁長知事の知事権限が乱用と判断すれば、政府は損害賠償請求や代執行を行えます。
この知事権限の乱用を背景となっている中国の影響を示唆する証拠がそろっているのなら、翁長知事の代執行が政府によって行われるでしょうね。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ










「トランプ大統領」から始まる中国大乱

「トランプ大統領」から始まる中国大乱

  • 作者: 黄文雄
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 単行本



みんなの沖縄

みんなの沖縄

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ニッポンを解剖する! 沖縄図鑑 (諸ガイド)

ニッポンを解剖する! 沖縄図鑑 (諸ガイド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: 単行本



消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)

消えゆく沖縄 移住生活20年の光と影 (光文社新書)

  • 作者: 仲村 清司
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/11/17
  • メディア: 新書



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

祝完結! 漫画版「海賊と呼ばれた男」 [漫画]



原作百田尚樹先生・作画須本壮一先生による名作歴史経済小説のコミック版が完結しました!
(*'▽')


海賊とよばれた男(10)<完> (イブニングKC)

海賊とよばれた男(10)<完> (イブニングKC)

  • 作者: 須本 壮一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: コミック



映画「「海賊と呼ばれた男」も上映中ですね!
http://kaizoku-movie.jp/

非常に有名な作品なのですが、簡単に説明すると、石油の元売りの出光興産の創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業となっていく物語です。
(*'▽')

タイトルの「海賊と呼ばれた男」というのは、若き日の出光佐三のあだ名です。
1911年(明治44年)に福岡で創業した国岡商店が、欧米に支配されたいた石油業界で、日本の民族資本の元売大手として発展していったのか?
戦後、国岡鐡造と国岡商店の社員たちが日本の復興のために死力を尽くしていきます。
(*'▽')

さて・・・(´・ω・`)
「百田尚樹氏、「映画宣伝に私の名前がない」 ブチ切れて、またも「小説家引退」宣言」
http://www.j-cast.com/2016/12/02285134.html?p=all
などなど・・・(´・ω・`)

百田尚樹先生はいろいろと物議を巻き起こしておりますが、応援しているファンも多いので、私もその一人として次の作品を楽しみにしております!
(*'▽')









漫画・アニメ(全般) ブログランキングへ




出光佐三 海賊と呼ばれた男の言葉: 英和ムック

出光佐三 海賊と呼ばれた男の言葉: 英和ムック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 英和出版社
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: ムック



海賊とよばれた男(10) (イブニングコミックス)

海賊とよばれた男(10) (イブニングコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック