So-net無料ブログ作成
検索選択

寒暖の差が激しいと、自律神経が乱れます。 首を温めましょう。 [生活]



暦の上では春ですが・・・(´・ω・`)
この時期、慢性的な頭痛や肩こり、めまいや吐き気、すぐにイライラする、不安になる、疲れやすい、風邪をひきやすいなどなど、この時期、寒暖の差が激しいのですが、原因不明の体調不良を訴える人も多いですよね。
(o・ω・o)

その原因の一つに首こりがあるというのです。
(´・ω・`)

首は「神経のスクランブル交差点」です。
首は頭を支える重要な部分であり、大切な神経が集まっているところなのです。
特に首の上半分は「脳の一部」です。特に重要な神経は、「自律神経」でしょう。首を冷やすと、首の筋肉が硬直してしまいます。 そして、この「首コリ」が原因で「自律神経」に異常をきたすのです。
自律神経に異常をきたすと、多くの不定愁訴が顔を出します。その多くは、「頸筋症候群」、つまり「首コリ病」なのです。

ただの肩こり?
(´・ω・`)
とか、思っていると危ないんですよ、その部分の血行が悪くなると、全身の神経の伝達も鈍ってくるんです。

原因不明の体調不良に悩まされて、首や肩がこっているのなら、自律神経が正常に働いていない可能性があります。
(´・ω・`)

首こりや肩こりだと軽くみてしまうと、色んな病気の引き金になってしまうんですね。
(´・ω・`)







健康ダイエット ブログランキングへ