So-net無料ブログ作成

北朝鮮はEMP攻撃が可能? [時事]



北朝鮮の労働新聞は核実験の成果を報じる記事でEMP攻撃が可能だと言及しました。
(´・ω・`)

EMP(=electromagnetic pulse)攻撃は、核弾頭を地上ではなく、数十キロメートルの上空で爆発させたときに発生する非常に強力な電磁波を利用して、地上の各種電子機器を破壊させたり誤作動を発生させることをいいます。
落雷で電気製品が壊れることと同じ現象を人為的に、しかも広範囲にわたって引き起こすことができるため、アメリカをはじめとした軍事大国が密かに研究をしているとも言われています。

核弾頭を地表まで保たせる必要が無いことから、米国などが北朝鮮のICBMは核弾頭を機能させたまま、地表まで送り込むことが出来ているか疑問だという意見から、このような反論となったのでしょう。
(´・ω・`)

そして、この高高度核爆発の実験を行ったことが確認されているのはアメリカ合衆国(ジョンストン島とアーガス作戦)、ソビエト連邦(カプースチン・ヤール)の2か国です。
これらの実験では周辺での停電などの被害が発生しました。
(´・ω・`)

現在ではよりEMP攻撃による電磁パルスの被害が電子機器障害となる為に、先進国では致命的となると言われております。
(´・ω・`)

目標までの精密誘導が必要な核ミサイル攻撃に対し、EMP攻撃はミサイルを敵国の上空高高度で小規模の核爆発を起こして発生させるため、技術的にも比較的容易と見られているので、北朝鮮には可能だと思われますが・・・(´・ω・`)

さて、北朝鮮は建国記念の日に核保有国であることを強調しておりました。
(´・ω・`)

ロシアは北朝鮮側につくことは確定しているようで、この先の米国との対決がどこまでエスカレートするのか?
やはり、第二次朝鮮戦争となるのでしょうかね。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ
















nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース