So-net無料ブログ作成
検索選択

SONYが無料でAI開発ツール『Neural Network Console』を公開! [時事]



これまでのディープラーニングのプログラムを組もうと思ったら、Pythonでライブラリーを使って、英語のマニュアルを読みながら開発しないといけない。
まず、専門用語から理解しないと。
(´;ω;`)
って、感じでハードルが高かったわけですが・・・(´・ω・`)

なんと、SONY がGUIのAI開発ツールを無料で公開しました!



公式サイト『Neural Network Console』
https://dl.sony.com/ja/

チュートリアル動画を見れば、最初からかなり洗練されています。
(o・ω・o)

ディープラーニングによるITシステムが今後は普及していく中で、かなりのシェアを取りそうですね!
(o・ω・o)








小説(読書感想) ブログランキングへ

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

  • 作者: 斎藤 康毅
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2016/09/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



詳解 ディープラーニング ~TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理~

詳解 ディープラーニング ~TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理~

  • 作者: 巣籠 悠輔
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



グーグルに学ぶディープラーニング

グーグルに学ぶディープラーニング

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Chainerで学ぶディープラーニング入門

Chainerで学ぶディープラーニング入門

  • 作者: 島田 直希
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/09/14
  • メディア: 大型本



ディープラーニングがロボットを変える (B&Tブックス)

ディープラーニングがロボットを変える (B&Tブックス)

  • 作者: 尾形 哲也
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

テロ等準備罪で変わる? 日本のイルカ漁反対を訴える政府機関へのサイバー攻撃 [時事]



イルカ漁に反対するサイバー攻撃といえば、ニュースにも取り上げられておりますし、知っている人も多いと思います。
(´・ω・`)

日本での小型鯨類の追い込み漁は、例年9月1日に解禁されており、今年もハッカーたちの集まりのアノニマスのオペレーションが始まりそうです。
(´・ω・`)

DHHa-9XW0AA2dvt.jpg

さて、今年から日本ではテロ等準備罪が施行されて、国際組織犯罪防止条約(TOC条約、通称「パレルモ条約」)締結しました。
日本は188番目の締約国となったのです。
(o・ω・o)

今年からのアノニマスによるサイバー攻撃に対して、国際協力を得て、封じ込めや検挙したいところですが、現在は警察は慎重な対応を行っております・・・(´・ω・`)

今年の前半に警察や法務省に対しても、サイバー攻撃が行われております。
(´・ω・`)

セキュリティエバンジェリスト辻 伸弘氏がまとめたイルカ漁反対を訴えるサイバー攻撃の記録されております。
「OpKillingBay 2016および、OpWhales、OpSeaWorld メモ」
http://csirt.ninja/?p=824

警察としても、最初に日本国民に対してテロ等準備罪で摘発するよりは、まず政府機関に対してサイバー攻撃をしたハッカーたちを摘発して方が、この法律が施行されるのは、テロに対して対応する為という説明通りとなります。
(o・ω・o)

防戦一方だった今ままでと違い、日本もサイバーテロリストたちの犯罪を摘発し、封じ込めることが出来るよう、願いたいと思います。
(o・ω・o)








小説(読書感想) ブログランキングへ

サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実 (幻冬舎新書)

サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実 (幻冬舎新書)

  • 作者: 足立 照嘉
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 新書



サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在

サイバー戦争論:ナショナルセキュリティの現在

  • 作者: 伊東 寛
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2016/08/12
  • メディア: 単行本



サイバーセキュリティ読本【完全版】 ネットで破滅しないためのサバイバルガイド (星海社新書)

サイバーセキュリティ読本【完全版】 ネットで破滅しないためのサバイバルガイド (星海社新書)

  • 作者: 一田 和樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: 新書



あなたのセキュリティ対応間違っています

あなたのセキュリティ対応間違っています

  • 作者: 辻 伸弘
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本



イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本

  • 作者: みやもと くにお
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/08/30
  • メディア: 単行本



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

バルセロナで車暴走のテロ ISISは世界中でテロを起こせと命じている。 [時事]




スペインのバルセロナで車が歩道に突っ込むテロ事件が起き、これまでに13人が死亡、80人が負傷し.
うち15人が重傷です。
容疑者2人が逮捕され、過激派組織ISISが犯行声明を出しています。
(´・ω・`)

このテロの現場は観光客が多く訪れることで有名なランブラス通りで、1台のバンが店の立ち並ぶ歩道を走り抜け、人々を次々とはねました。
(´・ω・`)

ISISの中東の支配地域は、各国の軍事行動の結果、撤退を余儀なくされていますが、現在も世界中の支持者たちに、テロの実行を呼びかけています。
(´・ω・`)

今回もISISからのメッセージの内容の一文の「武器が無いなら、自動車で人混みに突っ込め」を実行したと思われます。
(´・ω・`)

普通のSNS(Facebook・Ttwitter)にそのメッセージが投稿されているので、ISIS支持者たちは全員知っていることでしょうね。
(´・ω・`)

自動車で観光地や繁華街に対してのテロは、日本でも十分に実行可能で、その準備段階で察知するのは至難の技です。
(´・ω・`)

今のところ、テロはヨーロッパ、そして東南アジアで行われていますが、日本でも注意は必要になってきています。
「グローバル・ジハード」と揶揄されるこの状況は続いております。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ

日本のテロ:爆弾の時代 60s-70s

日本のテロ:爆弾の時代 60s-70s

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/08/14
  • メディア: 単行本



ボコ・ハラム:イスラーム国を超えた「史上最悪」のテロ組織

ボコ・ハラム:イスラーム国を超えた「史上最悪」のテロ組織

  • 作者: 白戸 圭一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/07/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ぼくは13歳、任務は自爆テロ。: テロと戦争をなくすために必要なこと

ぼくは13歳、任務は自爆テロ。: テロと戦争をなくすために必要なこと

  • 作者: 永井陽右
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2017/08/30
  • メディア: 単行本



グローバル・ジハードのパラダイム: パリを襲ったテロの起源

グローバル・ジハードのパラダイム: パリを襲ったテロの起源

  • 作者: ジル・ケペル
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本



「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書)

「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書)

  • 作者: 川上 泰徳
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 新書



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

終戦記念日に考える人種差別と明治維新から太平洋戦争 [時事]



日本人は終戦記念日付近には、戦争を考える時期ですね・・・(´・ω・`)

欧米の帝国主義で中国・日本・タイ以外のアジアの国は、植民地化されていくなか、アジアの大国の中国もアヘン戦争で負けて、半植民地状態になっていきました。
タイも何とか独立を保っているような状態が続きます。

最期に残った日本は、幕末の尊皇攘夷運動から、明治維新を起こして、近代国家への道を進みます。
その近代国家となった理由は、欧米のような帝国主義国家に日本がなる為でした。
その頃の国際社会は人種差別が横行して、半植民地となった中国で日本人が見たのは、奴隷のように欧米人にこき使われる中国人たちでした。
その恐怖が日本人を急速な近代化に駆り立てたのです。
(´・ω・`)

百田尚樹先生の「今こそ、韓国に謝ろう」で述べられている、日本が勝手に韓国や台湾、満州に対して、過剰な投資をして急速に近代化させた理由は、日本の他にもアジアで近代国家が建国させて、その同盟により欧米に対抗しようというものです。
(´・ω・`)

太平洋戦争中に、インド独立の父ガンディーが1942年7月26日に「すべての日本人に」と題する以下の公開文書を発表しました。
(´・ω・`)


私は、あなたがた日本人に悪意を持っているわけではありません。あなたがた日本人はアジア人のアジアという崇高な希望を持っていました。しかし、今では、それも帝国主義の野望にすぎません。そして、その野望を実現できずにアジアを解体する張本人となってしまうかも知れません。世界の列強と肩を並べたいというのが、あなたがた日本人の野望でした。しかし、中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟を結ぶことによって実現するものではないはずです。あなたがたは、いかなる訴えにも耳を傾けようとはなさらない。ただ、剣にのみ耳を貸す民族と聞いています。それが大きな誤解でありますように。 あなたがたの友 ガンディーより。


同時代の政治活動家にも指摘される通り、日本は欧米列強と肩を並べ、アジア人のアジアとして、人種差別をさせない世界ににするという目標を持って、戦っているうちに、帝国主義国家の野望としか言えない行動をするようになってしまいました。
(´・ω・`)

その戦いのスローガンは「尊皇攘夷」でした。
幕末から太平洋戦争中も同じです。
日本人は命を賭して世界と戦い続けたのです。
(´・ω・`)

アジア人のアジアという希望が果たされた現在、日本が目指す次の希望は何なのか?
答えられる人は少ないですよね。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ

戦争と平和 (新潮新書)

戦争と平和 (新潮新書)

  • 作者: 百田 尚樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: 新書



今こそ、韓国に謝ろう

今こそ、韓国に謝ろう

  • 作者: 百田尚樹
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



カエルの楽園

カエルの楽園

  • 作者: 百田尚樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本



吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)

吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)

  • 作者: 楠戸 義昭
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2014/10/22
  • メディア: 文庫



逆説の日本史18 幕末年代史編1/黒船来航と開国交渉の謎

逆説の日本史18 幕末年代史編1/黒船来航と開国交渉の謎

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/07/12
  • メディア: Kindle版



娘に語る人種差別

娘に語る人種差別

  • 作者: タハール・ベン・ジェルーン
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: 単行本



人種差別から読み解く大東亜戦争

人種差別から読み解く大東亜戦争

  • 作者: 岩田 温
  • 出版社/メーカー: 彩図社
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: 文庫



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PAC3って何? [時事]



日本政府は北朝鮮が米領グアム沖に弾道ミサイルを発射する計画を表明したことを受け、中四国4県の陸上自衛隊駐屯地に空自の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開しました。
(´・ω・`)
PAC3を展開したのは、出雲(島根)、海田市(広島)、松山(愛媛)、高知(高知)の4駐屯地で、もしミサイルがその地域周辺に落ちてきた場合に迎撃する破壊措置命令は昨年8月以降、常時発令されています。
(´・ω・`)

さて、PAC3は何かという事ですが、日本のミサイル防衛システムはこの図の通りです。

k_image.gif
(出典 日経経済ナレッジバンク)

イージス艦に搭載したスタンダード・ミサイル(SM3)で高度100-300キロメートルでまず迎撃するのですが、今回の場合は、ミサイルが誤って日本国内に落ちてきた場合は、日本国内の地上に配備した地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)を使い、高度十数キロメートルで撃ち落とすことになります。
その性能は、上昇限度15,000m・対弾道弾射程20kmなので、中四国の駐屯地4箇所で、その地域を全域をカバー出来ているかといいますと・・・(´・ω・`)

安倍首相の言うとおり、「国民守るため最善尽くす」という通り、現状、日本の自衛隊の装備で出来る限りという状態にはなっております。
PAC3の射程は20kmですから、配置された駐屯地周辺の地域しか守れません・・・(´・ω・`)
もともとは、軍事基地などの重要拠点を守る為の迎撃ミサイルシステムです。

北朝鮮が強気なのは、現状のミサイル技術ではアメリカといえど、攻撃側が圧倒的に有利なので、アメリカの国防総省ペンタゴンも北朝鮮に対しては先制攻撃による、アメリカと同盟国の全火力による北朝鮮の徹底的に破壊という作戦案が一番の有効策と言われております。
(´・ω・`)

トランプ大統領の「誰も見たことのないことが起きる」というの発言は、その作戦案の事を行っているのです。
私、想像しますに、それこそ北朝鮮を焦土にするという、ミサイルの飽和攻撃とステルス爆撃による空爆からの、上陸作戦となると思います。
(´・ω・`)

さて、朝鮮戦争は休戦のまま続いておりますので、北朝鮮にとってはアメリカに対しての戦争状態を止めるわけにはいかず、アメリカも北朝鮮に譲歩するような交渉をするわけにもいかず・・・(´・ω・`)
で、この状況です。
(´・ω・`)

正直、トランプ大統領の就任前の発言で、北朝鮮情勢が好転する可能性も期待されたのですが、悪化し続けておりますね。
日本にとっては迷惑そのものですね。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ










nice!(13)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

今年の米韓合同軍事演習の北朝鮮の威嚇はグアムへのICBMによる包囲射撃 [時事]



8月21日から韓国で始まる定例の米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」(UFG)が始まり、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩との挑発が続いております。
(´・ω・`)

毎年、この時期に北朝鮮側は、砲撃やミサイルにより、米韓合同軍事演習に対して威嚇をしていますが、今年は弾道ミサイル「火星(ファソン)12」で米軍基地があるグアム島周辺の包囲射撃を検討していると警告する声明を発表しました。
(´・ω・`)

戦後、米国の本土に対して、この種の軍事威嚇行動をしたケースは無く、米軍がどうするか?
これに注目が集まっています。
(´・ω・`)

日本は海上配備型迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス型護衛艦1隻を日本海に展開していまして、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開します。
(´・ω・`)

今回のグアムへのICBMの包囲射撃で、日本と韓国に対して迎撃が米国が要請した場合、日本政府はどう応じるか?
韓国の場合は、韓国の米軍基地の迎撃ミサイルシステム「THAAD」ですので、撃つかどうかは米軍の判断になります。
しかし、日本の場合は「存立危機事態」と認定すれば集団的自衛権が行使できる安全保障関連法がありますが、今回は北朝鮮は威嚇だと通告してきました。
(´・ω・`)

今のところ、日本政府は日本に誤って落ちてきた場合への対応としております。
(´・ω・`)

そもそも、朝鮮戦争を休戦のまま、冷戦後も放置していた国際外交の膿が、この状況を招いたのです。
(´・ω・`)

実際、この緊張状態を続ければ、北朝鮮は今度は米国本土の西海岸に威嚇射撃をしかねません。
(´・ω・`)

今後の国際社会の動向が気になりますが、経済制裁を強めた結果がこのグアムへの包囲射撃だとすれば、何かしらの手を打たざるえないのではないでしょうか。
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ













nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

トランプ大統領が北朝鮮への軍事行動へ踏み込むか? [時事]



韓国の文政権は北朝鮮への対話路線も何も成果は上がっておりません。

北朝鮮からみれば、核とミサイルの完成後に米国と交渉したほうがはるかに有利ですし、米国や日本は
北朝鮮の開発を止められておりません。

中国とロシアの動きですが、米国との取引を持ちかけた可能性があります。
(´・ω・`)
米国・中国、ロシアが金正恩・最高指導者の除去で合意して、その取引材料が東アジアの朝鮮半島からの米軍の撤退というシナリオですが・・・(´・ω・`)

在韓米軍は中国・ロシアにとっては、目障りであり、中国は米国の韓国のミサイル防衛システムの導入に対して、経済制裁をしております。
韓国からの米軍撤退を条件として、中国が協力するというシナリオはありえます。
(´・ω・`)

現在、米国は北朝鮮への民間人渡航を禁止しました。
これは北朝鮮に勾留されていた米国人大学生が帰国後、死亡した事件を受けた措置とされているが、軍事行動に踏み切った場合に人質として「人間の盾」にされるのを防ぐ意味もあります。
(´・ω・`)

さて、米国が単独で北朝鮮に対して軍事行動する可能性ですが・・・(´・ω・`)
この可能性は低いと思います。
(´・ω・`)

なぜなら、北朝鮮の戦後処理には中国とロシアの協力が不可欠で、もし泥沼化した場合は核がテロリストへ流出する可能性さえあります。
(´・ω・`)

絶妙な国際社会のバランスの上で、北朝鮮は戦略を練った結果、金正恩政権と体制を保った上での、米国との国交正常化と米国との平和条約締結という可能性の方が、高いのです。
ICBMと核保有国にたいして、米国が戦争をしかけたことは無く、もし軍事行動をして勝てたとしても、核がイランなどの北朝鮮の友好国への流出を避けるには、このシナリオしかないようです。
(´・ω・`)

ICBMの発射成功で、北朝鮮はお祭り騒ぎでしたが、北朝鮮の瀬戸際外交のゴールとなるのでしょうか?
(´・ω・`)








小説(読書感想) ブログランキングへ













nice!(10)  コメント(0) 

パソコンのCPUが16コア/32スレッドの時代! AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」が発売! [時事]



AMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の発売日は8月10日(木)と発表されました。
(o・ω・o)
予価は16コア/32スレッドの「Ryzen Threadripper 1950X」が税抜き145,800円(税込157,464円)
12コア/24スレッドの「Ryzen Threadripper 1920X」が税抜き115,800円(税込125,064円)
と、10万円超えで一般人には手がでませんけど・・・(´・ω・`)

ここ数年、パソコンのCPUの性能の進歩が停滞したいましたが、AMDの新アーキテクチャ、コードネーム "Summit Ridge"(サミットリッジ)により、一気に進みました。
やっぱり、CPUも一社寡占状態だと進歩しませんでしたね・・・(´・ω・`)

インテルもIntel Core i9を発表しましたので、追撃するとは思いますが・・・(´・ω・`)

当分はハイエンドCPUはAMDの独壇場になりそうです。
(o・ω・o)

普通の人にとって、パソコンよりもスマホのCPUの方がコア数が多いってことになってましたが、本来はパソコンの方が多い方が普通ですよね。
(´・ω・`)

今後、価格は下がっていくと思いますので、急いで買う必要はありませんが、そもそもサーバーじゃなく、パソコンでこの性能というのは、今まではアリ得なかったのですが、3DCGなどコンピューターの性能によって進歩する分野で、素晴らしい成果となって現れてくると思います。
(o・ω・o)







小説(読書感想) ブログランキングへ

















北朝鮮のICBMの火星シリーズは射程13,000kmを開発目標にしている [時事]



北朝鮮の声明では今回のICBMは「火星14号」の2回目の試射で、ロフテッド軌道で高度3724.9km、水平距離998kmを47分12秒間飛行したということです。
一回目の試射はロフテッド高度は2802km、距離933km、飛行時間39分でした。
射程を伸ばすために増やしたロケットエンジンの特性と改善された誘導・安定化システムの正確性や信頼性が実証されたことを発表しました。
(´・ω・`)

北朝鮮のICBMの火星シリーズは、主エンジン4基の構成にすれば射程は13,000kmまで延びる大陸間弾道ミサイル(ICBM)なると発表されていましたから、順調に開発は進んでいるようですね。
(´・ω・`)



今回の発射にはかなり自信をもったのでしょう。
北朝鮮は、28日夜に発射したICBM=大陸間弾道ミサイルの発射映像を異例の早さで公開しました。
(´・ω・`)

さて、現在ICBMを配備している国は、アメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国の3国で、この3国に並ぶ核大国であるイギリスはICBMを配備せず、核戦略を潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)に頼っています。
また、フランスは冷戦期間中にIRBMを固定配備していたが、冷戦終了後に廃棄し、また、1970年代には大陸間弾道ミサイルの開発構想も持ったが断念しイギリスと同様にSLBMのみとなっています。

北朝鮮がICBM配備した国の仲間入りしてしまったのは、間違いないようですし、アメリカはどう対応するのでしょうかね。
(´・ω・`)

そもそも、朝鮮戦争を休戦のまま冷戦後も放置していた国際外交の膿が、この状況を招いたのです。
アメリカが手を出せなくなる、核兵器とICBMの配備という切り札を手にした北朝鮮に対して、国際社会がどう対応するかが見ものですね。
(´・ω・`)







小説(読書感想) ブログランキングへ
















nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

トヨタが技術革新! ガソリン自動車を過去のものとする全固体電池による電気自動車 [時事]



イギリス政府、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止する方針を固めました。
フランスや他のEU諸国も追従していくようです。

そんなニュースが報じられるなか、トヨタはバッテリー・テクノロジーにおいて大きな進歩を達成しました。
全固体電池が実用化されます!
(o・ω・o)

tt170725TOUKOUDAI001.png
(出典 東京工業大学)

今までの液体のリチウムイオン電池と比べ、全固体電池というのは、高熱にも耐えるため安全性が高く、出力や蓄電量も寿命も倍以上の性能が期待できます。
(o・ω・o)

今まで、電気自動車はバッテリーの問題で普及できなかったと言っても過言ではありませんでした。
ガソリン自動車より、コストと性能すべて負けていましたが、それが覆る技術革新です。
現在の電気自動車でも、燃費である電気代は、ガソリン車より多少安いか、環境が整えば半額以下で収まりますし、今後はもっと安くなるでしょう。
(o・ω・o)

これは自動車だけにとどまりません。
バッテリーの性能、特に寿命の問題は今まで深刻で、スマートフォンなどのバッテリーは2年で替えて行くことを推奨されていますが、全固体電池が実用化されれば、10年持つような高寿命バッテリーを作ることも可能です。
(o・ω・o)

今後、全固体電池による技術革新は各分野に波及することは間違いありません!
21世紀らしい凄い発明が実用化されたのです!
(o・ω・o)







小説(読書感想) ブログランキングへ
















nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース